上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
#41
van Hoof(EP)オープンに対してLarrabe(MP)QQをフラットコール。Pappas(BB)もコールして3way。
884cでLarrabeがベットしてポットを取る。やっぱりPFではポットがなかなか膨らまない。

#44
Larrabe(UTG)55オープンしNewhouse(BB)88でコール。
67JrでCB打つもx/cされる。が、ターンで5が落ちる。
もちろん続けてLarrabeは2バレルを打つがOESDついたNewhouseはクイックコール。
リバーはKでLarrabeは悩んでチェックバックし5セットをショウ。
リバーはペイしてもらえるところは少なくスタック的にx/rがピッタリになる。
リスクを回避してのチェックバック。いいと思います。

#45
Sindelar(EP)のA4sにvanHoof(BU)がJ8ddで3betしポットを取る。チップリ様強し。

#46
Politano(MP)44オープンにStephense(HJ)が88cでコールしTonking(BB)がKJddでコール。
フロップはJT6cccとなりTonkingがハーフポット強をリードしてポット獲得。
x/cするとリバーまで見ることになったりダブルバレルを打たれると立ち位置が分からなくなる。
こういうリードでポットが取れると楽。ちなみに自分なら88cはコールすると思う。
これもx/cするよりb/fしてリスクを減らす方向のプレー。

#48
速報のボードとホールカードで二つThがあるため分からない。
vanHoofが大き目のポット獲得。

#51
Newhouse(EP)QThhをオープンしStephense(BB)AKssをフラットコール。ここからの3betは強すぎるか。
KhTc8hとお互いにヒットした状態。ハーフ弱のベットをx/cする。
スタックサイズが分からないがセカンドペア+ドローはオールインまで行ける強いハンドではある。
しかしフロップでCBを強く打つよりも小さ目のCBを打ってレイズされたら3betしたほうが強く見えるし、もちろんコールもできる。
ターンは2hが落ちてもちろん2発目を打つがAKはまだ降りれない。コール。
4hが落ちてナッツではなくなったが3発目もベット。このベットサイズは全体的に難しい。
StephensenはAKで少し考えるもフォールド。4cだったらコールしたのだろうか。

#52
Sindelar(MP)のオープンにPappas(BU)は74sで3betしてポット獲得。
Sindelarはタイトなイメージだがテルがあるのだろうか?

#56
vanHoof(HJ)が87oでオープン。ノリノリである。Newhouse(CO)がTTでコールするとTonking(SB)がQQでsqzを仕掛ける。
vanHoofはフォールドするがNewhouseはコールする。フロップは24Jrになり4割ほどのCBをコール。
ターンは4が重なりTonkingはチェック。Newhouseは1/3程のベットで様子を伺うがx/cされる。
リバーはJが重なりチェックにNewhouseはAllin!
これは完全にブラフに変えているが、SDVのあるTTでやる必要はあったのだろうか?
Tonkingは悩みつつQQでコールしてNewhouseが9位でフィニッシュ。
チェックバックしても20bb程残ったので戦えたと思うのだが、勿体なかったように思える。

続く。
スポンサーサイト
2014.11.25 Tue l 未分類 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

今更ながら876さんのzoomのコーチングビデオ見てるのですがzoomとcashの違いって具体的にどのような違いがあるのですか⁇
2014.12.11 Thu l . URL l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015.01.10 Sat l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015.09.18 Fri l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://snow876.blog.fc2.com/tb.php/203-9ab9382c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。